2月12日に技能文化会館にて認知症予防の【コグニサイズ】講習会が実施されました。神奈川県では認知症のリスクを軽減する事が期待されている【コグニサイズ】を全県に普及・展開しています。【コグニサイズ】とは、コグニッション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた造語で、頭で考えるコグニッション課題と身体を動かすエクササイズ課題を同時に行うことで、脳と身体の機能を効果的に向上させることが期待されます。

昨年度の【未病サポーター要請講座】実施され参加された会員の方は、その時の講座内容にあるように普段からの食生活や睡眠、適度な運動など、健康的な生活を心がけることも重要との事でした。普通の物忘れと認知症の違いや脳の障害される部位によって症状が異なり、自覚症状の無いのが認知症の特徴など実技を交えての講習会が行われました。

報告 梅田 勲

ninchishou-yobou