神奈川県内のはり・きゅう・マッサージ治療院と利用者のためのコミュニティサイト

川崎師会

文字の大きさを変更 特大

kawasaki_annai

沿革と方針

川崎市鍼灸マッサージ師会の前身は1946年(昭和21年)に設立され、2008年末 現在で170名の会員を擁するに至っています。
近年、保健・医療・福祉を取り巻く環境は大きく変化を遂げつつあり、社会的ニーズに応えられるよう努力を重ねているところでございます。

本会の特徴のひとつに、医療保険を用いた鍼灸・マッサージ施術が着実に増えています。なかでも脳血管障害等で障害を伴い、退院後自宅で療養されているかたの自宅を訪問し、筋肉のマヒ・痙攣や関節拘縮等に対し機能改善を図る「訪問医療マッサージ」の利用希望が、めざましい伸びを示しています。

ふたつ目に介護保険制度発足より、要支援・要介護度者を対象にケアマネジメントや機能訓練主体のデイサービス等の事業にも参画している会員もおります。また、川崎市の地域支援事業である介護予防施策にも協力し、地域での介護予防普及啓発に積極的に取り組んでおります。
このように社会的な需要増と軌を一にして、若手の会員が増えていますので、よりいっそう質の高いサービスを提供するための研修を継続し、社会貢献していくことが本会の大きな使命であると考えております。

活動内容

本会は、現在次のような活動をしています。

1.医療保険の取り扱い

①レセプト審査会(川崎市を保険者とする国民健康保険・老人保健等の受付、記入漏れなどのチェック

及び医療保険取り扱い説明会を開催
②保険取り扱いに関する文書・用紙を会員に送付
2.研修会
研修会を年8回程度、第2日曜日に開催し、2008年末で通算384回になりました。
内容は鍼灸マッサ-ジの理論・実技、その他の医療の紹介、介護保険、経営・税務などです。
3.行事
①本会の行事:新年賀詞交歓会、納涼会、忘年会、青年女性部イベントなど
②ボランティア活動への参加(鍼灸マッサージの啓蒙活動)
3月多摩川リバーサイド駅伝
9月技能フェスティバル 「技能職者に学ぶ」(中学生への啓蒙活動)
11月多摩川ハ-フマラソン
4.利用相談窓口を開設
①窓口開設の趣旨
  • 患者ご本人・ご家族、または各種サービス事業者から、現在受けている鍼灸・マッサージ治療に関する苦情・要望・相談などを謙虚にお聞きして、対処する
  • 「鍼灸・マッサージの治療院を紹介して欲しい」などという問い合わせに、公正・迅速に対処する
②窓口の委員
地区別紹介
地区 窓口担当者 治療院名 連絡先
川崎・幸区 後藤竜也 リンドウー治療院 366-1848
中原・高津・宮前区 河内正信 治療室からだメンテ 888-7611
多摩・麻生区 田中 マッサ-ジ・はり・きゅう院 コリトローネ 949-3785
利用相談窓口委員長 田中 マッサ-ジ・はり・きゅう院 コリトローネ 949-3785
5.本会の会員は、賠償責任保険「全鍼師会110番制度」に加入することができます。
6.川崎市介護予防普及啓発事業「いこい元気広場」の一部地域にて運営、実施しております。
川崎市鍼灸マッサージ師会
川崎師会会長伊勢山竹雄
川崎師会事務所〒211-0053川崎市中原区上小田中3-22-10杉浦ビル3階
TEL044-741-2345(お問い合わせ時間:月・水・金曜日の午後1~5時)

メールでお問い合わせはこちら